名物ママのお店
スナック☆アツコ

ARTICLE PAGE

このブログで使用している画像は
「(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2」のものです。

ディスイズ3D、3Dナイト

ツイッターやタンブラーで、投稿画像が二つ並んでいるのを見て思いつきました。
あ、コレ。裸眼立体視できるんじゃね?などと。


pso20160211_224758_Stereo030.jpg


というわけで、裸眼立体視できるステレオグラム画像を作ってみちゃいました。
交差法で、立体視できるはずです。
各画像がふたつ横に並ぶように、ブラウザはPC表示で。
ズームは100%をお勧めします。

pso20160211_222559_LEFT017.jpgpso20160211_222617_RIGHT018.jpg

pso20160211_221324_Left012.jpgpso20160211_221330_Right013.jpg

…と、ただ画像を並べるだけじゃアレなので。
そもそも「ステレオグラム」とか「裸眼立体視」って何か?を軽く説明しときます。
(詳しい解説は、より専門的なサイトなどもご参照ください。)

「裸眼立体視」とは、ざっくり言えば、3Dメガネとか用いずに、立体画像を見るテクニックです。
でもって、そのための画像を「ステレオグラム」と呼びます。

人間は眼が前方にふたつあります。
左右の眼は、それぞれが、微妙に方向の異なる景色を見ています。
両の眼がとらえたふたつの異なる景色を脳が解析して、距離として認識します。

トップの画像は、全く同じ画像に見えますが、カメラ位置を微妙に左右にずらして撮っています。
左の眼で右の画像、右の眼で左の画像を見るようにすれば、アツコ写真が立体感を帯びて見えるはずです。
文字で表すとややこしいですが、左右の眼球を、自分の鼻先を見るくらい寄り目ぎみにするとやりやすいと思います。

さて、裸眼立体視には方法が大きくふたつあります。
上の説明のように、左眼で右の画を、右眼で左の画を見るやりかたを「交差法」
左眼で左の画、右眼で右の画を見るのを「平行法」とよびます。
自然体の視線に近い平行法は、目の負担が少ない代わりに、両眼の間隔よりも離れたふたつの画像を見ることができません。
3Dドットアートや、専用メガネを用いる映像に向いています。
反対に交差法は、眼が大きく可動するため、割と自由に二つの画像を見ることができます。
ただ並べられたサイズの大きいふたつ画像を立体視するのに向いていますが、眼球の負担はハンパないです。
(ちなみに交差法を応用すれば、まちがい絵探しゲームなども簡単に解けるようになります。)

というわけで、今回の記事にある画像はすべて「交差法」に対応しています。
眼球を交差しすぎて、目が疲れない程度にお楽しみください。

pso20160210_191242_L016.pngpso20160210_191302_R020.png




さて、話は変わりますが。
ファンタシースターオンライン2がEP4になってエステ、特にアクセサリの取り回しが拡張されました。
プレイヤーの創意工夫しだいでは、マリオカートや航空機、版権キャラクタなど多彩なキャラクリエイトが可能になりました。

そんなおり、某所でこう耳にしました。
「頭部アクセサリのカチューシャ黒 と ピエロの鼻 を組み合わせて、モノアイが作れる」

人気アニメシリーズ「機動戦士ガンダム」に敵勢力として登場するジオン公国軍
そのジオン軍のモビルスーツ(MS)の共通点でありアイデンテティが、単眼の操縦カメラ「モノアイ」です。

「モノアイ」がたった2パーツで作れるならば、今後、ガンダムに登場するモビルスーツ(MS)のキャラクリに応用しやすくなるというもの。


というわけで、さっそく「モノアイ」を装着して、MSのクリエイトに挑戦してみました。
MS画像は、その造詣が伝わりやすいように。
今回の記事を応用して、ステレオグラム対応にしています。
ひきつづきお楽しみください。


MS画像はこちらからどうぞー。






というわけで、ジオン軍MSに似せたキャラクリに挑戦してみる記事です。

先にあったとおり、
アクセサリ「カチューシャ黒」と同「レッドノーズ(ピエロ鼻)」を組み合わせて、ジオン軍MSの特徴である「モノアイ」を再現。

そのほか…
整備ハンガーを意識して、ゴシック光源採用
オリオリを重ねて、よりメンテナンスっぽい感じに。
ステレオグラム画像でディティールが分かり易くなるように、「ゲンショウタイツ」を着用。

凝りすぎて画像が全体的に薄暗くなってしまいましたが、まぁそこはご容赦を。

そんではご覧くださいー。








pso20160211_130403_Left036.jpgpso20160211_130357_Right035.jpg

pso20160211_125301_Left026.jpgpso20160211_125306_Right027.jpg

pso20160211_131717_Left046.jpgpso20160211_131701_Right045.jpg

pso20160211_131345_Left043.jpgpso20160211_131307_Right041.jpg






さてと……


何か重大なことを間違えた気がしてなりません。
関連記事

Comments 0

Leave a reply