名物ママのお店
スナック☆アツコ

ARTICLE PAGE

このブログで使用している画像は
「(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2」のものです。

一人じゃないから、私がキミをディスるから

先日、某所にて某人物から次のようなことを言われました。

ファンタスティック・フォーの手足が伸びるのって、悪魔の実のパクリよね?

まぁ、某所とは我が家で、某人物とはリアル嫁のことなんですが
半世紀以上もの歴史あるアメコミ作品に対して、なんたる暴言を!!
愛する作品をディスられて、それはもうムッシュムラムラしたものです。

…と同時に、あることを思い起こしました。
弊社ブログにおいても過去のPSO2コラボに関する記事で…
シャイニングシリーズのTony氏によるイラストをエロ漫画よばわりしたり、少年マガジン連載のフェアリーテイルをワンピースのスピンオフよわばりしたり。
…などと、他の作品をさんざんディスっていました。

ワタシこそが、その作品を愛している人の気持ちもわきまえず、ネタとしてさんざん貶めていたわけです。
そりゃぁ、世間様に怒られるわけだ!!


そんなこんなで、反省の意味も込めまして。
今回は、私が愛する作品のひとつ、SEGAの「ファンタシースター2」も貶めていこうと思いますw(無反省)
私自身、ファンタシースターはむろん、SEGAを愛して幾年月。
いわば今回の記事は、私なりの切腹です。
(SEGAにとっては、ただのとばっちりじゃないか)

というわけで、今回ばかりは記事中にPSO2の批判、ネタバレを多数含んでいます。
PSO2を好きな方、特にストーリー、特定のスタッフに思い入れがある方は…
本記事を読み飛ばしていただくことを強くお勧めします。
pso20160918_020957_016 200パーセント危険な女性 
これが弊社の芸風なんです。詫びないし許してともいいません。


~~~ここから記事本番~~~

私の本業ではよく、社内外への文書を作成する機会があります。
文書とは、相手先の組織及び人に対して、我側の意図を伝えるものです。
それゆえ、内容に誤解があってはいけません。
文章、使用する単語に誤用や齟齬がないよう、細心の注意をはらい推敲を行います。
また、自分一人では、思い込みや覚え違いによるミスを防げないため、その案件に責任をもつ複数の人間で更なる推敲を行います。これを「文書審査」といいます。

私程度の一般人でさえ、この段階を踏んでいるわけでして。
演出家、脚本家など、より広く人に物を伝える職業にある方々はなおさらだと思います。


さて先日、PSO2のEP4のストーリーを、現在の段階まで進めてみたのですが…
いやもうマジで酷い!! ちゃんと「審査」したのコレ!??

まぁ、ファンタシースターオンラインシリーズのストーリーはもともと酷いものですが(失礼)
今季は特に酷い。

ちょっとおさらいしてみます。

EP4 第4章「哀しき再会」
同盟する地球の組織「アースガード」の本拠地ラスベガスを、敵対する組織「マザークラスタ」が強襲。現れたのはマザークラスタの使途のうち、神の手をもつ外科医・オフィエル、天才数学者オークゥ、そしていまだ素性が不明なフードの少女。
主人公とヒツギ、そして彼女の兄・エンガは彼ら使途を迎え撃つ。
両陣営が対峙するなか露わになった、フードの少女の正体は…
pso20160918_003554_002.jpgpso20160918_003718_006.jpgpso20160918_003829_013.jpg

・・・・・・ちょ、ちょっと待って!!
ツッコミが追い付かないよ!!
まず! タイトル!!
タイトルですでにオチが読めちゃってるよ!!なにこの悪質なネタバレ!!
あと、なんか本拠地が直接攻撃されない理由!!
今ここで細かくやらなくていいから!!そんなややこしいところを本筋でつつきだすと、すべてにおいてややこしくなるから!!PSO2以外の全てのゲームがややこしくなるから!
あと、今回新登場の幻想種・ラプラスとマクスウェル!!
アメリカの某D社あたりから怒られそうなヴィジュアルだなおい!!
あと神の手を持つ外科医!!雨上がり宮迫さんみたいな顔で子安ヴォイスはずるい!!
いやそうじゃなくて、聴診器!!それがないと外科医であること表現できないの!?
ていうかそこまで外科医アピールしなくてよくね!?
あと盾となって撃ち落されるマクスウェルちゃん健気カワイイ

(おさらいつづき)
フードの少女の正体は、袂を分かったヒツギの親友・コオリだった。
兄エンガの制止を聞かず、コオリを追ったヒツギ
動揺を隠せないヒツギに対し、コオリは狂気を帯びながらも一片も迷わず、具現武装の大剣「グラム」を容赦なく振り降ろす。「それがヒツギを救うため」と。
pso20160918_003840_014.jpgpso20160918_003953_019.jpgpso20160918_004354_050.jpg

…はいでました!! タイトルで予測できたとおりでした!!
ここまでヒツギと接したキャラクターなんて数えるほどしかいなかったのに!!「哀しき再会」なんてタイトルで言っちゃうから!!コオリちゃんだと一発でわかるじゃない!!
訓練された声優オタクなら、下手したらEP4開始の時点で分かってたかもしれないよ!!
ていうかハイレグ!!
直前の外科医とのやりとりもあって、結構な趣味だなハイレグ!!
拘束具みたいな意匠までご丁寧に。とんだ変態だな外科医!!
あと、このコオリちゃんの衣装、いつスクラッチ実装されますか!?

…と…
ここまでは多少ベタではありますが、ゲームのストーリーとしてそんなに悪くはないと思います。(ここまでディスっときながら
外科医や数学者達の、肩書を意識しすぎる過剰な狂言回しも気になりますが、後につづく伏線ととらえればまぁ許せる範囲。
特にオークゥの天才数学者らしくない頭の悪そうなセリフ。実は使途達は全員「何かになりたくてなれなかった人達」が集められたんじゃないか。そんな妄想設定が捗ります。
自称天才映画監督・ベトールもまさにそうでした。
女子高生が加われるくらいだしね。使途。

さて、ここから先ですが、ヒツギの絶命ピンチにアルがついに参戦...

「お姉ちゃんが泣いてる。行かなきゃ!!」
pso20160918_005010_061.jpgpso20160918_005041_066.jpg

…うをぉおい!!
なにこの猫ネコスーツ!!!
必要!?ねぇ、ここでこんなんに着替えるの必要!!?

ショタ狙い!?いやでもここじゃなくていいでしょ!!
直前まで、熱かったよ!?
ベタだけど、心理的にエグイとこ突いてたよ!?

なんでここで、笑いをとろうとしたの!?
pso20160918_005113_072.jpg 

実際にこのあとアルは、瀕死のヒツギを救うんだけども…
このショタ猫スーツに着替えなくても、この部分成立するよね?!
どうしても着替えさせたかったなら、もうちょい天使っぽいローブとかでよかったよね?
いや光りまくる全身タイツでもよかったよ。
なんで猫スーツじゃないといけなかったの?


ああなんかもう。無駄なところばかり!!

いやでも、このトンチンカンなストーリー。
脚本のガバガバさは確かに気になるんですが…私はそんなに悪くないと思ってます。
いやでも、推敲はしてほしいよね。

真に残念なのはズバリ!演出です。
コオリがハイレグなのも(これは好きだけど)
直前エピソードでファレグさんが桃白白と被るのも!
アルが猫スーツで笑いをとろうとてスベるのも!!
8割が会話劇の応酬なので、キャラクターがただ棒立ちながら喋るのも。
演出でどうにかできたはずなんです。
適当に動かしながら、カメラを頻繁に切り替えながら、なんならぶつかり合いながら会話させればそんなにオカシクはなってないでしょう。ガンダムがそうだったでしょう。

PSO2の演出の残念さは、これまでも多々ありました。
防衛戦絶望のラストの波動砲発射シーンは、まさに絶望でした。
EP3まではシナリオライターの品質が各所で問題にあがりましたが。
演出の仕方こそ、見直すべきだと思います。

ところで演出家って、スタッフにいるの?誰?プロデューサがそれ?
PSUの頃はそこそこちゃんとできてた演出が、PSO2でできないのは誰のせいなんでしょう?


~~余談~~
古い考えで恐縮なんですが…
私はロールプレイングゲームにストーリーなどいらないと思ってます。
ゲームマスターがいてテーブルでトークしながら、マスターが提供する世界感の中でキャラクターになりきって演ずる。それがロールプレイングの本来のありかたです。
MMOならばなおのこと。必要なのはストーリーじゃなくて世界観です。
それなのにあえてストーリーを添えるワケですから、今のような声優のみのハンパなものでなく、CGムービーこみでガッツリと作りこむべきです。
PSU、PSPoまでまぁまぁ出来ていたことが、なぜPSO2で出来ていないのかが、私には本当にわかりません。

関連記事

Comments 0

Leave a reply