名物ママのお店
スナック☆アツコ

ARTICLE PAGE

このブログで使用している画像は
「(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2」のものです。

砂の上でロケットパンチした、真夏のパシフィックリム

今日はPSO2から離れた話題を

「パシフィック・リム」見てきました。夫婦で。
映画館で見て良かったと思える映画に久々に出会った気がします。
ポスタ- A4 パターンL パシフィック・リム 光沢プリント
ポスタ- A4 パターンL パシフィック・リム 光沢プリント
写真フォトスタンド APOLLO
商品詳細を見る


「ええ!? アメリカ人いつからこういうの好きになったん!!?」という感想。(むろんいい意味で)
ここまでガッキガキとした熱血ロボット物、いまどき日本でも珍しいくらいです。
マジンガーや鉄人28号に燃えた世代は、心にエルボーロケットですよ。

日本語タイトルを「パシフィック・リム(「環太平洋地域」)」でなく…
対怪獣兵器ジプシー・デンジャー
…と読み替えれば、ストーリーの内容がほぼ伝わるんじゃないだろうか。
(「ジプシー・デンジャー」は主人公と彼のパートナー菊池凛子が搭乗する機体名)

パシフィック・リムの魅力は僕なんかが語るよりも、日本語吹替えスタッフの一人であるケンコバ兄さんによる解説をご覧いただけば、すべて察していただけるとおもいます。
↓以下リンク
「教えて!!!!!!ケンコバ先生~オトナの『パシフィック・リム』講座~」
(ニコニコ動画に移動します)

そうそう、この映画
ぜひ、日本語吹替え版で見ていただきたいです。
ロボットもの感がより伝わると思います。いやむしろ伝われ。
関連記事

Comments 0

Leave a reply