名物ママのお店
スナック☆アツコ

ARTICLE PAGE

このブログで使用している画像は
「(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2」のものです。

大人の階段のぼりすぎて、君はもはやアキ竹城

なんだか、今回は
先にタイトルだけが思いついちゃいまして…
それに併せた記事を急編したため、なんだかよくわからない内容となってます。

これまで、アツコ名義で3体ほどキャラをメイクしたわけですが。
共通コンセプトは、みなさまご存知のとおり「熟女」です。

それゆえ、他の方々女性キャラと比較して「なまなましさ」を意識した造形となってます。
たとえば、肩幅よりもお尻が大きくなるよう、あえて足を太めにしたり
たとえば、おっぱいの形に重力感をだすべく、あえて乳首下向きにしたり
脱アニメキャラ路線でいろいろ調整した結果が今にいたります。

で、その究極は、顔立ちの調整にあると思ってます。
まずは下の画像をごらんください。
鬼嫁まつげエクステ
「鬼嫁」ことアツコ★ダイナミックスのエステ画面
多少ケバいですが、比較的目鼻立ちがくっきりしているのがわかると思います。
つづいて…
鬼嫁すっぴん
……おわかりいただけただろうか……?

薄!! 目ぇちっちゃ!!
でも現実の女性のすっぴん、特に目元の薄さはこんなもんです。
浜崎あゆみの目も、すっぴんだときっとこんな感じです。
家族に姉妹がいる方は、このへんよくご理解いただけると思います。
これに口紅、最もアイシャドウが効いた「モデルメイク」、さらに上下とももっとも長い「まつげK」を加えることで、これほど印象が変わるんですね。
加えて、最初から目を大きく設定せず、メイクとまつげで盛りつけることで、「なまなましさ」が強調できてると思います。

メイクパターンが2枠しかないため、現状これが精一杯かなぁ
せめてもうひと枠、目元とその他のメイクを分離できればさらにバリエーションがだせるのに・・・


さて、そもそもこの熟女コンセプトゆえのなまなましいキャラメイク
本来、私の実の嫁をモチーフとしたが故のものでしたが・・・・・・
結果、まったく嫁に似てませんw
美人度が500パーセントほど割り増しになりました


関連記事

Comments 0

Leave a reply