名物ママのお店
スナック☆アツコ

ARTICLE PAGE

このブログで使用している画像は
「(C)SEGA PHANTASY STAR ONLINE 2」のものです。

アイウィル・サバイブ、在宅ワークアウト・ザ・ドアー


※おことわり
本記事は当初、「クソ記事」と称して筆者がただただ嫌いな著名人芸能人をなぜ嫌いなのかを綴るものでしたが、あまりにクソ記事が過ぎたので内容を一新してお送りします。

pso20200421_111801_012.jpg
ビバ・在宅ワーク
このご時世、とうとう弊社も在宅ワークとなってしまいました。
(有給休暇消化パターンなので、業績タスクとかはまだなにもしてません)

在宅といえば、先日実装されたスクラッチ「カレッジキュートルック」
ギャル制服なる、アダルト感満載のレイヤリングが目玉商品
非常に高騰してたので、弊社はベースウェア(雅)を手に入れるのが精いっぱい。
ギャル制服OUは更に高騰。
こりゃ数か月待って亜種カラーに期待するしかなさそう。

ギャルBAに合う他のアウターウェアを模索していたところに、ミレイさんと合流。
pso20200423_152715_001.jpg
前結びシャツがことのほかギャル制服感が出たので、二人してコスプレエンジョイ

pso20200423_154428_012.jpg
悪ノリが過ぎてきた様子。

pso20200423_155009_018.jpg
在宅ワークであることを思い出し、形ばかり屋内に移動
pso20200423_155432_025.jpgpso20200423_160303_033.jpg
この様子を察したようで、ゆみこはんも合流。

pso20200423_161254_038.jpg
なぜかエロインナー披露会に。
ゆみこはんが合流すると、それまでの撮影コンセプトがだいたい狂ってしまいます。
いい意味で、現場クラッシャー。

pso20200423_162057_040.jpgpso20200423_162137_043.jpg
更に現場が狂った様子。
茶室に背徳感が漂ってきました。
在宅ワーク、何処に行ったw

さてここまで演者が着用したなかで注目は、今月22日から実装されたスクラッチ「新生・帝国華撃団」の品々
ミレイさんが着用しているアラビアン衣装の「ラクスバラディー」。
弊社アツコが着用しているインナー「ズーイオスクリタ」
いずれこの辺はまた、特集で記事にする予定です。
乞うご期待!


~~おまけ~~
pso20200415_233511_002.jpg
共通シップ集会の一派「お姐さん集会」のアンさんとShip.6にて合流。
いずれ、Ship6のムチメンとお引き合わせしましょう。




※ここからは、この記事の初稿です。 恥ずかしながら自身の戒めとして、魚拓として残します。※ 最初にお断りします。今回はクソ記事です。 読み飛ばしをお勧めします。 内容は… 私が嫌いな芸能人・著名人についてなぜ嫌いなのかを延々語るというものです。 ね?クソ記事でしょ? 私とかそもそも、他人の悪口が大嫌いなはずですが。 ここ最近、新型コロナにまつわるあれやこれやで世界が反転してるんですきっと。 大好きだった方が亡くなったり、急に在宅ワーク求められて抱えてた業務崩壊したり。 クソなことでもつぶやかないとやってられねぇ!! あ、でもツイッターでこれやっちゃうといろいろダメな結末になりそうなので。 在宅ワーク?としてブログ記事として閉鎖的に展開します。 あちなみに、今から何人か私の嫌いな芸能人・著名人を乱挙しますが。 嫌いすぎて、よく名前を憶えていないレベルです。 見た瞬間テレビ消すレベルですからねぇ。しかたないよね。 ●爆笑問題のキンタマ無事なほう 名前忘れました。あのひょろいほうです。 ネズミの恰好してたころから芸風からそもそも嫌いなのですが 決め手になったのは、なにかの報道バラエティで当時石破防衛大臣に喰ってかかった時です。 それもよくわからないタイミングで。芸人ふぜいが。 テレビを面白くするためなら、何やってもいいと思ってる節がある。 芸風も、合理的じゃなくただ自由にワメクだけ。 支離滅裂な言動・毒舌はたぶん、北野たけしや立川談志を目指しているんだろうけど、二人はそれなりの学と品があって初めて成立するわけで、太田のそれは非常に見苦しい芸風に感じます。 社交能力が低いところも見てて腹がたちます。 かれこれボキャブラ天国(平成初期のバラエティ番組)からなので20年ほどは著名人として活動しているはずなのに、その程度なのかと。 ●キャリアウーマンの人 35億だかなんだかの人。 彼女だけじゃないのですが、なぜ面白いのかわからないままテレビに頻繁に出てき始める芸人さんっているじゃないですか。ちょっと前ならひょっこりの人とか。単価が安かったんですかねぇ? 彼女の場合はトーク反射神経がまったくないまま、ただただ偉そうに(キャラ芸だから仕方ないけど)振舞ったままでした。不美人なのはいいのよ?芸人さんは空気感のほうを尊ぶものだから。 なんなら従えてたブリリアンのお二人のほうがトーク能力が高かったのに、惜まれつつも先日解散したそうで。アレと組まされてただの事故じゃないですかブリリアン。 ●バナナマンのバナナマンじゃないほう ワタシが人を好き嫌うおそらく一番のポイントが、他者に対して最低限の礼節があるかどうかです。 それはだいたい、初対面の一般人と接するときで判別できると思います。 バナナマンのバナナマンじゃないほうのそれは、私が見た芸人さんのなかでも最低だと感じます。 基本的に素人さんを見下してる印象があるのは、人相によるところもあり仕方ないと思いますが。 敬語でない言葉選び、片肘を突いて眺める仕草、なにもかもが人と接することに向いていません。 爆笑問題と同じく、そんなにキャリアを積んでるのにその程度の社交能力しかないの!? 日村さんにはそんなに悪い印象はないのですが、必ず相方も登場するだろうと予測しテレビ消しちゃうのでよくわかりません。ていうかコンビ仲が良い様子なのだけは好感がもてますがねぇ。 ●マツジュン すみません、本名忘れました。嵐のキムタクポジションの奴です。 (そもそもキムタクも嫌いですが) 一番の決め手は東北震災の頃。 報道バラエティかなにかで、被災地の仮設住宅を嵐のメンバーで訪問してたときに、彼が放った言葉が強烈すぎたんです。 「この家、ピンポンも無いの!!」…って。 このセリフはいろいろ詰まってて、そもそもこういうテーマのロケで自分らがどこに訪れているのかがよく分かってないのが一つ。 接する相手のみならず、それを視聴するであろう他の被災者・仮設住宅生活を余儀なくされているであろう多くの人の心情にまったく配慮している様子がないのが一つ。 おそらくこのセリフはスタッフに投げられたものだと思いますが、それでも他者への敬意が無い言葉を選んでいるのが一つ。 「呼び鈴」でなく「ピンポン」と表現する語彙力のなさが一つ。 10年近い前のシーンなので、現在は相応の礼節を身に着けているかとは思いますが、なにぶん見た瞬間にテレビを消し(たらマツジュンファンのリアル嫁に怒られ)ているのでいまいちわかりません。成長なさってるといいですね。 誤解が無いように、自称マツジュン以外の他の大野君、相場君、二宮君、桜井君は大好きですよ? いっそ某スマップ先輩みたいに、マツジュン以外でユニット結成すればいいのにと思ってるくらいです。(嫁に後で超怒られるパターン) というわけで今回は、人を嫌うのに理由があるかい?という内容でした。 まとめですが… バナナマンの項でも述べましたが、最低限の礼節があるかどうかで私は人を好き嫌い区別する傾向があります。 これは説明が難しいところですが、綾小路きみまろさんや、毒蝮三太夫さん。若い人であればEXITのお二人とか、芸風は芸風としてちゃんと線引きするタイプの方々は例外です。 このことを改めて認識したきっかけは、実はつい最近でして。 先日惜しまれつつ他界された志村けんさんです。 いわずもがな昭和・平成を代表するコメディアンですが、彼の特徴はどんな相手でも敬語で接していたところにつきます。犬やサルなどにもです。(もちろんコントのステージは別として) 先に世を去れらたリーダー・いかりや長介さんも同様でした。 ドリフターズはちょいお下品なギャグなどを武器に一世を風靡しましたが、最低限の礼節を切り分けていたんです。 ファンが何十年も離れなかったのはそういう面にあると考えます。 改めて両氏への尊敬の意を新たにする次第です。 まぁ、今回 「クソ記事」として展開しといてアレですがw そうそう、ツイッターのほうでフォロ友の方から 「アンチすぎて、逆にファンを疑うレベル」とのお言葉をいただきました。 あながち、まちがっちゃいないな!
関連記事

Comments 0

Leave a reply